読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

割りを食べる

 容姿、自分の、そうだな〜、、、何も感じない時もあった、どうでも良いものだった。過去形だ、、

特に、顔によって攻撃されることが多かった、から、それに気づいてから、自分の、かおが嫌な物でしかなくなった、っていうか、外歩いててディスられない人なんて、いるの、?

そうだよ、努力が、足りなかったんじゃないの、?って、言われたら、その通りだよ

興味なかった、興味あった時もあったけど、それも弊害があって、すぐ折れちゃったから、、弱いので、立場も、それもあり、パッタリ興味がなくなった、その時から

ディスる方が悪いんじゃなくてディスられる要因を持ってるやつがわるいんだよ」

偏屈、こういう、考えを、頑なに、変えないで何も疑問に思わないで、平気で生きてるひとが、いるんだ、、エンジョイしてん、こんな...

興味が出てきた今は、嘘です、強制的、楽しもうと、がんばっている、つもりだけ、ど、全然、強制てきで、もう辛い、辛い、楽しむ余裕も、欲しいけど、足りない、、色々と、鏡を見なきゃいけない、じゃん、  をするときは、まいにち、こんなことを、これからも、して、するの、、頭がおかしくなりそう、〜、、道徳の授業何て、いみないよ、

もっと 良い 遺伝子を残してほしかった、、良い、っていうのは、大きな共同体の、美しい みにくくない、概念に、沿う、何だそれ、、遺伝から呪うのは、親に、繋がりに、失礼ですか、?転嫁したいだけ、何でもいいけど、嫌悪感を吐くことも、ダメなら、心から、!こころから変えなさいとか、言うんですか、笑、、

ゲロ吐いてたほうが、マシだよ、、そんなの、美しいひとが、内面から〜、、ほにゃほにゃ、って、言ってるのを、疎む人は、いるけど、私が、 美人 とされる、ところにいたら、毎日、内面が、〜♪、って、同じ事、言うと思う、多分、誰しも言うよ...